低金利自動車ローンの窓口へようこそ!

当サイトでは、自動車ローンの比較情報から、自動車ローンの選び方、おすすめの最新低金利自動車ローン情報をご紹介するサイトになります。

自動車を購入するにあたり、どうしても必要になってくるのがまとまったお金です。
もちろん、一括で支払えればそれに越したことはありませんが、何十万円、何百万円となる自動車の購入金額を一括で支払える人はなかなかいませんよね。

そこで是非とも利用したいのが自動車ローンなのです。
まとまったお金や頭金を用意出来なくても、自動車ローンを組むことで価格の高い自動車を購入することが可能になります。

しかし、この自動車ローン、どこで組むかの選択で何十万円と差額が出てしまうことをご存知でしたか?
新車でも中古車でも、車の購入先で自動車ローンを組むというのは絶対にお止め下さい。

例えば新車なら、割引が出来るということで何十万円と値引きをしてもらえたりしますが、自動車ローンの選択を誤ってしまうと、その値引き分が全く意味のないものになってしまいます。

車屋さんはあくまで車だけを買うところであって、自動車ローンを組むところではありません。

中古車なら、走行が少なくて、内装もキレイで、せっかく程度の良い車を見つけたとしても、自動車ローンの組み方次第でとんでもない損をすることになってしまいます。

良い車を出来るだけ低金利の自動車ローンで購入することが、自動車を買う際の絶対に知っておきたい知識だと断言出来ます!

当サイトでは、低金利自動車ローンの比較情報はもちろん、仮審査から借り換え、今最もおすすめ出来る低金利の自動車ローンをご紹介させて頂いております。

自動車ローンは変動が無いとは言い切れないものですので、あくまで最新の情報による低金利自動車ローンを組むことが重要となります。

新車のご購入、中古車のご購入をお考えの方は是非当サイトをご参考下さい。

何度も申しますが、ディーラーや中古車屋さんでの自動車ローンの契約は絶対にお止め下さい!
簡単だから、安心だからと言ってその場で取り決めないことが重要です。

自動車ローンの組み方一つで、海外旅行1回分や最新のカーナビ分くらい損をすることになってしまいます。

良い車を安心で低金利の自動車ローンで…、当サイトがお手伝いさせて頂きます!

自動車ローンを比較する理由

ローンでモノを買う、と言えばすぐに頭に浮かぶのがマンションや戸建てのマイホーム購入でしょう。

こうした不動産物件をローンで購入する場合、購入者は手持ちの資金と銀行その他の金融機関からの住宅ローンで調達する資金を合わせて販売主に全額を支払い、その後、その金融機関に対して借入額に金利分を加えた総額を分割で返済していくことになります。

これは自動車ローンでマイカーを購入する時のプロセスと基本的には同じなのですが、ローンで用意する購入資金の調達先選びには違った傾向があるのが実態のようです。

住宅ローンの場合は、不動産販売会社の指定金融機関からのローンの他に、自分の勤務先会社の住宅融資制度や取引金融機関から、そして個人的に取引が多いメインバンクなどからのローンを選ぶケースも多いのですが、自動車ローンの場合は自動車販売会社、即ちディーラー任せでローン契約を締結するケースが多く、他の選択肢を検討する購入者が少ない傾向にあることです。

自動車ディーラーで憧れのマイカーを購入する時には、一部の高級車を除いて殆どの場合「値引き交渉」のプロセスがあります。
その際に、ディーラーの営業マンが確認したいことの一つに、全額現金で購入するのかローンで購入するのかがありますが、その理由は簡単です。

ディーラーにとってはディーラーが勧めるローンでの販売ならば金利による利益が見込めるからであり、その分現金販売よりも値引き幅を広げることが出来るからです。

但しそこで、住宅ローンのように別の金融機関からのローンで資金を調達して一括に支払うと言えば、ディーラーにとっては現金販売と同じことになりますので値引き幅は少なくなってしまうでしょう。

そこで購入者が考えなければならないのは「ディーラー任せのローンで購入する場合の値引き金額と現金購入ケースでの値引き金額との差」そして「ディーラー任せのローンでの支払金利と別の金融機関からのローンでの支払金利との差」を比較することです。

これを簡単に言えば、値引きの金額差が支払金利の差よりも大きいのであればディーラーが勧めるローンの方が有利であり、小さければ別の金融機関からのローンの方が有利であるということになります。

従ってそこにディーラーお勧めのローンと他の金融機関からのローンとではどれ程の金利差があるのかを比較する必要性があるのです。

ちなみに、200万円5年返済のローンのケースで、ディーラーお勧めのローンの金利が5%、銀行や信用金庫などのローンの金利が3%の場合では、総返済額で11万円近くの差になります。

従って、ディーラーお勧めのローンでの購入時の値引きが銀行や信用金庫などからのローンでの購入時の値引きよりも11万円以上多くない限り、銀行や信用金庫などからのローンでの購入の方が有利という事になります。

それですから、「値引きは一切ありません」と言う一部の高級車などの場合は、より金利の安い金融機関からのローンの方が支払金額面では絶対的に有利になることは明らかなのです。

プリウスで見る各社自動車ローンの比較

新規購入或は買い替えでマイカーを購入する為に各車種を比較して好みの1台を選ぶのは実に楽しいものです。

最近ではディーラーを訪問する際には殆ど購入する車種を決めているケースが多いようで、そのクルマの性能や価格体系を熟知している人も少なくないようです。

そんな見込み客の場合、ディーラー訪問では実車の確認と試乗、オプションの選択と値引き交渉、そして支払方法の選択がメインの目的になるでしょう。

そしてその支払い方法が一括現金払いであれば簡単なのですが、ローンでの購入となると、ディーラーの勧めるとローンが良いのか、個人的に取引のある銀行や信用金庫でのローンの方が良いのか、その違いによって値引き額がどう変わるものなのか、などで頭を悩ますことでしょう。

そこでここでは一つの例として「トヨタ・プリウス」を下取り車無しのローンで購入するとした場合の支払い額比較を以下に記しますので参考にして下さい。

■購入車:トヨタ・プリウス Aプレミアム(シルバーメタリック

①車両価格:3,301,855円(2017年1月現在)
②販売店オプション:299,700円(T-Connectナビ)
③上記合計現金販売価格:3,601,555円
④減税後の税金・保険料:43,240円
⑤販売諸費用+リサイクル料金:77,297円(参考)
⑥税金・諸費用合計:120,537円

以上を前提にした場合、③の現金販売価格と⑥の税金・諸費用の合計で約372万2千円となります。

仮に本体+オプションの値引きが22万2千円あったと仮定し、税金・諸経費と頭金で50万円支払った場合には300万円のローンを組むことになります。

それを金利別に5年間の利息総額と元利均等返済月額で比較すると

以上となり、1%差は支払総額で7~8万円、元利均等返済月額で1.3千円~1.4千円になります。

なお、ディーラーローンの金利は銀行や信用金庫の金利よりは高めではありますが、その%はキャンペーンなどによって変更される場合がありますので、タイミングによってはディーラーローンを利用してその分、値引きを多く要求するような交渉も有効でしょう。

また銀行や信用金庫の金利も変動しますので、上記を参考にして、1%の変動でおよそどの位の差が出るのかを確認しておくと良いでしょう。

当サイト作成の際に参考にしたサイト

自動車ローン借り換え 低金利マイカーローン比較 マイカーローン審査 自動車ローン比較 自動車ローン審査